投稿

カリフォルニア星雲のSHO風処理とR画像の問題

イメージ
引き続き FRA400 レデューサーで撮影をしています。バックフォーカスで頭を悩ませていましたが、どうも周辺像が悪化するのは R 画像だけであることが分かりました。また RGB を分離して、位置合わせとインテグレーションするとかなり改善されることも、再確認できました。 これまでバックフォーカスの調整のために撮影したカリフォルニア星雲を、前々回ご紹介した、 HOO 画像を簡単に SHO 風に変換する次の YouTube を参考にして処理してみました。 https://www.youtube.com/watch?v=Qb0jXcCq8nU 撮影時間: 2022 年 11 月 8 日 ~11 月 25 日の 5 日間で 120 秒 X209 枚 : 418 分 撮影地:東京都足立区 撮影機材:望遠鏡: Askar FRA 400 + 0.7 倍レデューサー カメラ: ZWO ASI 533 MC Pro -10℃冷却 赤道儀: ZWO AM5 オートガイダー: ZWO 30F4 ミニスコープ + ASI 290MM mini フィルター: IDAS NBZ オートフォーカサー: ZWO EAF 撮影 PC : MeLe Quieter 3Q ( Windows 11 ) + Fire HD 8 ( TeamViewer ) 撮影ソフト: N.I.N.A. + PHD2 PixInsight の SPCC を使用 新しいカラーキャリブレーション機能である Spectrophotometric Color Calibration ( SPCC )を使ってみました。まず GAIA DR3/SP データをダウンロードし、それを使って次の標準の設定でキャリブレーションを行いました。従来の PCC より処理速度が速く、あっという間に終わります。 なお、SPCCは画像に位置情報が含まれている必要があり、クロップした画像を直接処理できません。Solverスクリプトを使って位置情報を追加する必要があります。しかし、新しいWBPPには、位置情報を保持したまま自動的にクロップするオプションが追加されました。これを有効にしておけば、WBPPのアウトプットに対してDBEで背景を均一にし、そのままSPCCに移ることができます。便利なものです。 この SPC

撮影用ミニPCを交換

イメージ
露除けヒーターを付けたことや、気温が下がったことなどが影響しているためか、バッテリーの持ちが悪くなりましたので、以前から考えていた、低消費電力のミニ PC に交換しました。また、これまでミニ PC を赤道儀にベルクロテープで付けていましたが、これをなんとかスマートに赤道儀や鏡筒に取り付けたいと思ったことも交換の理由です。これまでの Beelink U59は結構大きく、鏡筒へ取り付けるのは無理がありました。 Beelink U59と、新しく購入した MeLe Quieter 3Q (メモリ: 8GB ・ SSD:128GB で、 Amazon で 2,6000円 程度)の消費電力をネットで調べると、アイドル状態でおよそ 7 ワットから 4 ワット、動作状態でおよそ 20 ワットから 8 ワットと半減していますが、 CPU は Beelink U59 が N5095 、 MeLe Quieter 3Q が N5105 で、速度はほとんど変わらないようです。実際、 MeLe Quieter3QでPixInsightがきびきび動きます。 PC を鏡筒に取り付ける MeLe Quieter 3Q に付いていた VESA 金具を使って、 MORE BLUE の FG304 ファインダー脚座(1,500円)になんとか取り付けることができました。これで、 Askar FRA400 鏡筒に付けたマルチコネクションプレートに、ミニ PC を設置できました(もちろん標準のVixenファインダー台座でもOKですが、そちらにはガイド鏡を付けています)。赤道儀周りがすっきりし、配線も短くて済むようになりました。 なお、ノート PC と違って USB3.0 ポートが四つありますので、データ保存用 USB メモリを付けても、ハブを使う必要がなく接続エラーを起こさないことも、ミニPCの利点と言えるかもしれません。 新しい PC への移行手順メモ プログラムとデータの移行は、前回のノート PC からミニ PC への 移行で経験していましたので、基本的にはスムーズにいきましたが、細かいトラブルもありましたので、備忘録として手続きをまとめておきます。私なりの設定ですので、あまり参考に

FRA400レデューサーのアンドロメダ銀河

イメージ
レデューサーを使って、初めて撮ったアンドロメダ銀河( M31) を処理してみました。画角はちょうどよくなっていると思います。Comet BPフィルターで銀河はしっかり写っていると思いますが、星の色が十分に出ていないような気がします。次に銀河を撮るときは、LPS D1かIR/UVカットフィルターにしてみようと思います。 ・撮影時間: 2022 年 10 月 26 日 ~11 月 6 日                     120 秒 X238 枚 + 60 秒 X45 枚 + 30 秒 X42 枚の合計 587 分 ・ 撮影地:東京都足立区 ・ 撮影機材:望遠鏡: Askar FRA 400 + 0.7 倍レデューサー ・ カメラ: ZWO ASI 533 MC Pro ー10℃ ・ 赤道儀: ZWO AM5 ・ オートガイダー: ZWO 30F4 ミニスコープ + ASI 290MM mini ・ フィルター:サイトロン Comet BP ・ オートフォーカサー: ZWO EAF ・ 撮影 PC : Beelink U59 ミニ PC ( Windows 11 ) + Fire HD 8 ( TeamViewer ) ・ 撮影ソフト: N.I.N.A. + PHD2 レデューサー後のバックフォーカス 前回の投稿で書きましたが、 Comet BP フィルターとセンサー保護ガラスの厚さの合計は 3.5mm ですので、バックフォーカスは 55mm + 35.mm / 3 = 56.17mm となるはずですが、実際にはそれより大きい 56.5mmが最も良いことがわかりました 。          バックフォーカス     画像の周辺部の偏芯度                    57.0mm                 0.55                    56.5mm                 0.40                    56.2mm                 0.60 特に 56.2mm では、周辺の星像が放射状になり、明らかにバックフォーカスが短いことを示していました。 画像の周辺部のにじみ 10月30日から、次のように画像の周辺部の星像が、多かれ少なかれにじむようになりました。

FRA400レデューサーの色収差はRGB分解で改善

イメージ
Askar FRA の 0.7 倍レデューサーを付けて、 M31 を撮影してみました。バックフォーカスは 55mm ですが、撮影に使った Comet BP フィルターと、 ASI 533MC のセンサー保護ガラスの厚さがそれぞれ 2mmなので (と思いこんでいたので)、その 1/3 に近い 1.5mm のスペーサーを加え、 56.5mm にしました。   120秒 x30 枚(合計 1 時間)の画像をインテグレーションして、簡単に背景ムラを取り、ストレッチしただけの画像です。 バックフォーカスの問題はないと思われる これまでさんざん悩まされてきた、周辺部の星が楕円になる現象は起きていないようです。星の偏芯度はほぼ満足できるものになっています。偏芯度図の周辺部が 0.4 ですので、人間が円に見えなくなる限界の 0.42 を下回っています。 後で調べたところ、 Comet BP フィルターの厚さは 1.5mmでした。 センサー保護ガラスの厚さは 2mm で合計 3.5mm、 したがってバックフォーカスは 55mm + 3.5/3mm  =  55mm + 1.17mm = 56.17mm で良かったはずです。これからバックフォーカスを変えて、偏芯度を調べてみようと思いますが、 FRA400 のレデューサーの許容値が大きいのかもしれません。 周辺の色収差が大きい しかし、色収差は目に見えて大きくなりました。最初の画像の周辺部を拡大してみると、青が中心部、赤が外縁部に寄っています。   これでも分かりにくいので、左上を 11 倍に拡大したのが次の画像です。色収差がはっきりわかります。 インテグレーション画像を RGB 分解 そこで、インテグレーションした画像を RGB 分解し、歪み補正をする位置合わせを行い、再度 RGB 合成してみました。 もしかしたら少し良くなっているのかもしれないという程度で、ほとんど変化がありません。また、このやり方は位置合わせをやり直すために、画像の品質に悪い影響を与えるはずです。 RGB 別にインテグレーション 次は、ディベイヤーで RGB に分解、それぞれを位置合わせして、インテグレーションし、最後に RGB 合成するという方法を試してみました。 これは面倒そうですが、 PixInsight

カシオペア座ハート星雲は画角が足りない

イメージ
天頂に近い、従って都内でも光害の影響が少ないかもしれない、カシオペア座ハート星雲を撮影してみました。しかし、 FRA400 と 533MC の構成では、画角が足りないことを思いしらされます。 撮影時間が 120 秒 x160 枚= 320 分、赤道儀が ZWO AM5のみ 、フィルターが IDAS NBZのみ 、撮影日程が 2020 年 10 月 20 日と 26 日の2日間であることを除けば、条件は前回と全く同じです。 画角を広げるには 老人の思い込みで、鏡筒を Askar FRA300 にするか、カメラを RisingCam の IMX571 センサーのものにするしかないかと、踏ん切りを付けていたのですが、考えてみれば、Askar FRA400には 0.7倍 レデューサーがあったのですね。 新しい鏡筒にすると、除湿庫に入らなくなりそうですし、センサーを大きいものにすると、画像ファイルサイズが 4 倍にもなり、処理に時間がかかりそうで逡巡はしていました。 しかしレデューサーですと、これまでずっと悩まされていたバックフォーカスの問題が出てきて、ペッツバールの恩恵がなくなりますので、視野から外していたのです。ただ、試してみる価値はあるのではと思い直し、購入してみました。 これから レデュサーを使って、周辺画像がどの程度になるのか見てみようと思います。これが使えれば、除湿庫の問題もファイルサイズの問題もなくなるので、ありがたいことだと思うのですが・・・ ※追記(2022/10/29) この対象は、通常の処理をすると赤が支配的で面白くありません。そのため、SHO(※HOOは間違いでした)風の処理をしてみました。参考にしたのは、例によってCuivさんのYoutubeです(https://www.youtube.com/watch?v=c1-DaPtqr60)。これは面白いですし、Cuivさんが紹介している方法はとても簡単です。 ※追記(2022/11/06) HOOをSHO風にするのは、次の動画で紹介されていて、 Cuivさんはこのサイトを引用されていました。後半部に説明があります。      https://www.youtube.com/w

都内からのはくちょう座網状星雲西

イメージ
西の NGC6960 の撮影時間をもっと増やそうと思いましたが、天候が思わしくなく、今年はここが潮時のようです。最初東側天頂付近にあった対象が、だいぶ西に傾いてきました。西は都心に近くなりかなり明るくなります。 西側は全体に淡いので、東側より多少明るく仕上げてみました。なお、画像は、北を上にすると落ち着かないので、左を北にしています。 撮影日程:     2022 年 08 月 18 日から 2022 年 10 月4日にかけて 11 日間 撮影場所:      東京都足立区( SQM: 18.07 ) 撮影方法:     120 秒 ☓ 342 枚(合計 684 分)・ 3 枚ごとにディザリング・                                      毎回 LED トレーサーでフラット 30 枚撮影 撮影機材:                        鏡筒 : Askar FRA 400                     カメラ: ZWO ASI 533 MC Pro ( 0 度冷却)                     赤道儀: 主に ZWO AM5 ( AZ-EQ5 GT も使用)                     フィルター: 主に IDAS NBZ ( L-eXtreme も使用)                     オートガイダー: ZWO 30F4 ミニスコープ+ ASI 290MM mini(0.5秒露出)                     オートフォーカサー: ZWO EAF (電動フォーカサー)                     撮影 PC : Beelink U59 ミニ PC ( Windows 11 ) +                                Fire HD 8 タブレット( TeamViewer ) +                                GL.iNet GL-MT300N-V2 ルータ                     撮影ソフト: N.I.N.A. + PHD2 画像処理:      PixInsightのみ                             ダーク・フラット・フラットダークでキャリブレ

都内からのはくちょう座網状星雲東

イメージ
東側の NGC6992 を処理してみました。 L-eXtreme で 292 分、 IDAS NBZ で 302 分の合計 594 分( 2 分 ☓297 枚)です。 NBZ の光量が L-eXtreme の 2 倍ですので、 L-eXtreme 基準で考えると、 292 + 302 ☓ 2=896 分(約 15 時間)となります。目標とした 20 時間には届かないものの、比較的明るい対象ですので、ある程度満足できるものになったと思います。 なお、東京都足立区から 2022 年 8 月 18 日から 2022 年 09 月 30 日までの 10 日間で撮影しました。Askar FRA400鏡筒、ZWO ASI 533MC Proカメラ(0度冷却)を使用、 ZWO 30F4 ミニスコープと ZWO ASI 120MM-mini でオートガイドし、毎回 30 枚のフラットを撮影しています(ダークは撮りためたものを使用)。赤道儀は前半がAZ EQ5 GT、後半がZWO AM5です。 前回の投稿でご説明したように、毎回 PixInsight ( PI )の WBPP でキャリブレーションだけを行い、ディベイヤーファイルを作って保存しておき、最後に WBPP に全てのディベイヤーファイルを放り込んでインテグレーションしています。インテグレーションとローカルノーマライゼーションのレファレンスファイルも、 WBPP におまかせして作ってもらうようにしました。 300 枚近くのファイルの処理には、 2 時間半ほど掛かりますが、ほうっておけば良いので大変便利です。 また、これも前回の投稿でご説明したように、ストレッチには PI の Generalized Hyperbolic Stretch ( GHS)スクリプト を使うようにしています。この中に Arcsinh の機能も組み込まれていますので(colour stretch)、これも使いながら何回かに分けてストレッチします。 GHS で星の肥大と飽和が効果的に防げますので、上の画像でも星像 縮小処理 は行っていません。 これから 網状星雲西側も、同じ時間を掛けていますが、まだ満足できるものにはなっていません。もっと撮影時間を増やしてみようと考えています。